mark_4.png

Message

私たちは何を目指すか

「やって良かった!」と思えるプロジェクトを一緒に。

プロジェクトと言っても大げさなものではありません。

私たちはいつも、こんなことを考えて仕事をしています。

コストやリスクを気にして踏み出せないケースがあります。

そんな時でも「これなら出来そう」という事を探して、一歩を踏み出す。やってみなきゃわからない。

ダメだったら引き返す。そんな気軽なプランからお手伝いします。

プラネット・プランターがやってきたように・・・。

 

「気軽にやってみよう」を後押ししたい。

こちらからデザインを押し付けることはしません。

ビジネスは結局のところ、やる人のやる気にかかっています。

思いが形になった時、人はやる気を出します。

そのためにデザインで「思いを翻訳」していきます

「やりたい事」を諦めてほしくない。

クライアントの思いを形にします。

私たちに「得意な作風」はありますが、クライアントからの依頼にそれを押し付ける事も誇示することもしません。

固定化された作風は確かに私たちにとってはアイデンティティーになり得ますが、必ずしもクライアントの皆様の為になっているとは言い難い部分もあります。

 

あくまでも私たちプラネット・プランターはアーティストではなく、デザイナーです。

自分たちの作風を表現する以前に、クライアントが喜んで活用できる、販売できる、自慢したい・・・そんなデザインをニーズに応じて提供できるように努力します。

デザインするよりも大切な事、それは日常からのふとしたアイデアを意識すること。

具体的な絵になる前のフワッと浮かんだアイデアを少しずつ見える化して、「よし、これだ」と思ったときにデザインを手掛ける。

まずは相談してください。デザインまで行かなくてもいい。

「こんなんじゃダメ」と結論を出す前に、一緒に楽しく考える事から始めませんか?