• hazamak

【定期ブログ 水ブロ】0209~0215

この一週間は出かける依頼モノは少なく、滞ってしまったデスクワークや個人でやっているプロジェクトの進行、新たな取り組みなどをやるにはもってこい。

1日だけダブルヘッダーのセミナー講演があったのでそれの資料をせっせと作っていたら、あっという間に日が過ぎてしまって、結局プロジェクトは出来ず消化不良となってしまいました。。

こうした波のある日々を過ごしている(サーファーじゃないよ)のですが、日々やることがあるという生活にありがたさを感じています。


ああ~はやく平和で楽しい日々が戻ってきてほしい。

この地を這うような鬱々とした日々を早く解放してほしい。それができるのは私たちではなく、政治家というおじさん達なんだよな。

あ、ちょっと毒吐いたか・・・。すんません。


【Last week’s work】

●とある生産者さん

こちらは新規の相談者さんでした。

自社のオリジナル商品を販売しているのですが、その価値向上と消費者への伝え方についての相談です。

その時にアドバイスしたことは「大きな目標を掲げ、それをブランドコンセプトとし、共感したお客様と世界を広げる」ということ。

商品ひとつひとつが完成(?)していても、それを販売する人の思いやバックボーンが確立され共感されていないと結局は大手の安くて似たものに代替されます。1回は買ってくれても支持してはくれません。

そこで、NBやPBよりも高いけれど買いたいと感じてもらえる価値提供と価値協創を広げていく必要があると思います。それはブランドの理念や目標とも言い換えられます。

今回はそれに対する返答が口から出てこなかったので、これから創っていけばよいのではないかということで終了しました。

せっかくやりたくて始めたこと、頑張ってほしいです!


●通販サイトBASEのオンラインconference

当社も利用しているBASEのオンラインconferenceが行われたのでそのライブ配信を観覧しました。

発表された内容も良かったのですが、それよりもオープニングムービーがとっても良くて感動して、自分でもあんな感じのを作りたいな~と思いました。


●ダブルヘッダーのセミナー

東部と西部、1日で午前午後のダブルヘッダーでセミナーをやってきました。

テーマは両方とも同じ「商品開発に大切な事」ということで、基本のき の部分。

テクニックに走るのではなく、デザインの失敗例を見ながら商品開発に臨むにあたっての根源である「相手の事を思って設計する」ということを話しました。

少々説教臭くなってしまった感じがして、自己嫌悪を感じつつでしたが、

少しでも持ち帰ってもらえれば良いかなと思います。


●温泉施設さん

ピッパの法則を体現する素晴らしき支配人とマネージャーのいる愛すべき温泉施設さんに、再びご相談いただき今回はデザイナーの妻も同行して打ち合わせをしました。

施設のリブランディングの一環としてのロゴデザインや館内案内の適正化に向けてコツコツと実践しています。

公共の施設は分かりやすさが大切ですから、館内を見直してお客様が過ごしやすい空間づくりと共に、売上が上がりやすく、働きやすい環境づくりもデザインのできる範囲で協力させていただいております。

日帰り温泉フリークとして、楽しみつつサポートさせていただきます!


【拾い物フレーズ】

・自分が「この色 好きだなぁ」と言えるようになるために、今こうして一生懸命、日々を生きている。


・いろいろな事は起こって当たり前なんだよ。


・自分の「納得」と向き合う


・行解相応


・失敗した時はリーダーは責任をとる。成功した時はリーダーは部下の手柄にする。


・恐怖心は未来への扉を閉ざす。


・ちょっと試してみよう から始まる。


以上。

さぁまた一週間が始まる。

自分と向き合い、納得できる毎日を過ごそうじゃないか。


                          プラネット・プランター ハザマ

最新記事

すべて表示

4月から食品(加工商品)への「無添加」「不使用」等の表示が禁止となりました。 ご存じでしたか? そんなに気にしてなかった? 私は年間の仕事の半分程度が食品関連のクライアントなので今回の表示制度改正は気になっていました。 と言いますのも、私のクライアントは皆さん弛まぬ努力と情熱で、出来る限り添加物を使わず、健康に寄与し安全であろうという気持ちで技術を磨いて商品開発を行っている方々ばかり。 パッケージ