• hazamak

デザインは設計プロセスが大切

本日はお茶農家さんの「和紅茶開発セミナー」に参加させていただきました。


私の担当では「商品コンセプトとデザインはフィットさせましょう」という趣旨で、

巷で言うところの「デザインの敗北」を材料にして、なぜ折角デザインしたものが不評を買うのか?ということについて参加者の皆さんと共に学び、教訓としました。


「デザインの敗北」についてはここでは敢えて説明はしません。(いろいろ傷付く方々もいるかもしれません)


商品づくりは作り手の「やりたい事」が一番ベースになるのですが、その思いだけが強くてもただの押し付けになってしまいます。

商売には必ず相手がいますから、その相手をイメージして「求められている事」を想定した設計が不可欠です。


そして、仕上がったデザイン(パッケ―ジデザインも、プロダクトも)が使う側のニーズに合っているか?使いにくくないか?本当にこれで喜ばれるだろうか?を検証(確認)する工程を経て市場に投入されます。


その確認を怠り、見栄えや雰囲気に満足して商品化すると「敗北」します。

「なぜこんな事が起こるんだろう?」

という場合はだいたい、商品コンセプトとデザインのフィット感が甘い場合に起こります。


もちろん、何度確認したところで100%完璧な商品はできません。

でも確認を繰り返すことでターゲットに届く確率は少しずつでも高まっていきます。


デザインは格好の良し悪しで語ることはできないと思います。

商品コンセプト(目的・目標)にフィットしているか?

役目を果たせていれば、例えそれが手作りシールを貼っただけでも「優れた商品」です。

逆に、どんなにカッコいいデザインであっても、目的を果たせていなければ残念と言えます。


もっとマズいのは、目的もコンセプトもなく商品を作っちゃうことです。

最近はさすがに少なくなりましたけど、、、たまにあります。


まぁ、そこから一緒に再構築するのもありますので、気軽に相談いただければと思います。


                          プラネット・プランター ハザマ


最新記事

すべて表示

4月から食品(加工商品)への「無添加」「不使用」等の表示が禁止となりました。 ご存じでしたか? そんなに気にしてなかった? 私は年間の仕事の半分程度が食品関連のクライアントなので今回の表示制度改正は気になっていました。 と言いますのも、私のクライアントは皆さん弛まぬ努力と情熱で、出来る限り添加物を使わず、健康に寄与し安全であろうという気持ちで技術を磨いて商品開発を行っている方々ばかり。 パッケージ